中国SEO対策情報 TOP
PICK UP

中国SNS ― 参入企業が続出Ⅰ

http://139.comSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは人と人とのつながりを促進・サポートし、コミュニティ型のWebサイトのことです。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供し、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービスのことを指します。日本ではミクシィMixiがポピュラですが、中国では、「開心網」や「校内網」、「51.com」が人気です。SNS市場は近年形成し、中国の各検索エンジンや企業の注目を集め、最近では、SNSサイトが続々と登場しています。

09年1月に、テンセント(http://www.qq.com) はSNSサイト「QQ校友」(http://xiaoyou.qq.com)をオンラインにさせました。在校生のためのSNSサイトになっています。学校・学生市場を狙っています。

この他、「網盛生意宝http://china.toocle.com」はビジネス人のためのSNSサイト「生意人脈圏http://sns.toocle.com」を5月にオープンさせたばっかりです。(生意:商売、ビジネス)。アリババhttp://china.alibaba.com も5月下旬に「人脈通」が開通予定をしているようです。サイト名からもお察しの通り、中国社会は人脈をすごく重要視します。中国通信業界のNO.1とも言える企業「中国移動」は139.com を起動させました。

SNS市場に参入する企業が続出していますが、利益が確保できるのでしょうか? 続きは「中国SNS ― 参入企業が続出Ⅱ」をご覧ください。

執筆:エグゼクティブチャイナ代表 劉娜莉