中国SEO対策情報 TOP
PICK UP

検索エンジン相関

中国SEO対策情報を活用する上で、検索エンジンの提携関係を知っておく必要があるでしょう。この相関関係はめまぐるしい勢いで変化を遂げているといっていいでしょう。ディレクトリサービスを提供する検索サービスは皆無に等しいといわれています。検索エンジンとして最もシェアが高いといわれている百度(Baidu)は、Hao123という大手ディレクトリサービスを買収したことがあります。また、様々なサービスを展開しているのです。

また、三大ポータルの捜狐(Sohu)、新浪(Sina)は相次いで独自エンジンを開発し、リスティング広告市場へと参入してきているのです。網易(NetEase)は、Googleをエンジンに採用しています。Googleの中国名は谷歌と言い、本格参入を果たしました。これこそが中国SEO対策情報を活用しているといえます。しかしながら、日本で展開されている程のサービスは提供されていないようです。

中国の高学歴層ではGoogleは圧倒的なシェアを誇っているようですが、中国全体のユーザー層は10代が大多数を占めていることから、全体的なシェアは百度(Baidu)に次いで第2位となっている状況なのです。Yahooは現在アリババの傘下となり、オークションなどのP2P事業の拡大を目指しているようです。検索エンジン相関図ですが、三大ポータルのうちSinaとSohuは独自検索エンジンを開発したため、NetEaseのみが検索プロバイダー(Google)を利用しています。

ただし、検索エンジンのシェアとしては百度が独占状態といっていいでしょう。ここで、大事なのはターゲットユーザーに合せてターゲットとする検索エンジンを選択する必要性があるということではないでしょうか。中国においてはユーザーの学歴、収入などによってシェアは異なります。これを中国SEO対策情報として活用するのです。ですから、プロモーション内容にあわせてSEM戦略を立てる必要があります。現地マーケットに精通した中国人担当者がSEO対策を企画立案することで、クライアントニーズに哀れ施テイクのです。