中国SEO対策情報 TOP
PICK UP

中国電子商取引法制整備が目前に迫る

中国では、電子商取引がすさまじい発展を遂げていますが、関連法制整備がまだまだ不完全のため、電子商取引の中で様々なトラブルが絶えず発生しています。地方規模で地方法規による電子商取引に対する管理は徐々に展開していますが、国レベルの立法がないと、統一性が乏しく、管理も限度があり、法律の隙間を狙った犯罪が目立つようになってきました。もう一つは、国際社会からも中国に電子商取引法制整備を望んでいます。インターネット発展しにより、グローバル化が加速し、世界が狭くなってきました。世界各国の企業と肩を並べて競争する環境作りにも、電子商取引の法制整備が必然であり、一日も早く法案が成立することが中国国内外に望まれているでしょう。

09年5月に、中国商務部は≪ネット取引管理法草案≫について会議が開かれました。≪草案≫に起草作業に携わられた専門家によると、雛型は出来上がっており、公表まではもう少し時間がかかる見通しだそうです。

電子商取引の安全性は一番関心が集め、注目の的となりそうです。電子商取引の安全問題、やネット信頼性の問題、電子商務の認証問題、取引代金の第三者保管、取引トラブルの調和仲裁、電子支払、個人情報の保護、電子署名効力等について、これらも全部法制整備が必要で、重点内容になると予想されます。

法制整備され、ネット利用の環境が整え、その安全性が認識されれば、中国インターネットに関連する産業のさらなる発展も期待できそうです。

執筆:エグゼクティブチャイナ代表 劉娜莉