中国SEO対策情報 TOP
PICK UP

中国携帯電話、双方向課金から単方向課金へ?

今年、中国国家工業・情報化部部長は、中国携帯電話の双方向課金から単方向課金転換問題は、最終的にはすべての通信サービスは単方向課金になると発表しました。長年の懸案であった中国携帯料金制度の改革は、第3世代携帯電話ライセンスの発給により、通信市場の再編につれ、つい新しい動きを見せました。料金システムの改革は、通信市場が再編すれば、必然的な流れと言ってもいいでしょう。

中国電信の発表によると、10月1日より、指定プランへの新規加入ユーザーに単方向課金の料金システムを実施するといいます。

今回の料金システムは、これまでの決済方式は、固定電話と携帯電話の通信事業者が相互に独立した業者である場合には適していますが、3G時代には中国電信(チャイナテレコム)等の通信業者は、ともに移動体通信に進出し、既存の方式では対応できなくなってきた背景もあります。

しかし、これはまだすべての携帯ユーザーに適応するわけではないです。市場競争の中での中国電信の経営戦略とも言えますが、3Gユーザーの増加や今後携帯料金の値下がりに繋がる可能性が高いでしょう。

執筆:エグゼクティブチャイナ代表 劉 なり