中国SEO対策情報 TOP
PICK UP

中国ネットカフェに潜むビジネスチャンス

中国のネットカフェ事情 ― 「黒網吧」について】では、違法経営のネットカフェは少年非行や犯罪の温床となることが社会問題となり、中国政府は取締りを強化し、全国範囲で集中整備を開始したことを紹介しました。

ネットカフェユーザーは、青少年、特に学生が中心となっています。中国国内の未成年のインターネットユーザーは約4000万人の統計があります。現在、中国でパソコンの普及率が高くなってきましたが、まだ自分が自由に使えるパソコンを持っていない若者も大勢います。巨大な需要があれば、巨大なビジネスチャンスが埋まっていることになります。そのネットカフェの収益に狙って、無許可の違法経営は後を絶たないわけです。

しかし、整備により全国における店舗総数を大幅に減少させているので、以前に比べれば状況は改善の方向に向かっています。さらに現在、ネットカフェ経営を正常な方向へ向かわせるための施策として、「ネットカフェのチェーン展開」積極的に推進されています。中国当局は、テーマを持ったネットカフェへの転換を模索し、規模化、チェーン化、テーマ化、ブランド化の方向に発展するよう指導しています。国によるネットカフェの一元管理も目指しています。

今後は、ネットカフェが整理整頓され、大手チェーン展開に参入する通信会社も増加することや、激しい市場競争が繰り広げられると予想されます。

執筆:エグゼクティブチャイナ代表 劉娜莉