中国SEO対策情報|中国SEO対策情報とは

まず、SEOと言う言葉ですが、これは、検索エンジン最適化という意味です。英語のサーチエンジンオプティマイゼーションを略した言葉がSEOであります。そして、このSEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換える作業のことを指します。また、その技術についてもそういいます。そして、現代において、中国のIT化が進んでいるに伴って、中国のサーチエンジンで、少々怖い現象が起こっているのです。

中国SEO対策情報として今、言われていることがあります。Google、Yahoo!などで検索すると、すべて残らず中国最大のサーチエンジン、百度(Baidu)にリダイレクトされるしくみが構築されているようなのです。この仕組みの裏にはどうやら政治的な問題が関係しているようです。中国内、あるいは中国のぷろバイダであるISPを利用してGoogle、Yahoo!、Live Searchのいずれかで検索すると、なぜがすべてのトラフィックは、百度Baiduに自動的に転送されてしまうようになっています。

中国SEO対策情報では、YouTubeやFlickrもブロックされているという報告もあるのです。またさらに影響範囲が広がる可能性もあるようです。このようにして、今中国内ではこのような検索エンジンを操作することが当たり前になっているようなのです。Googleも、リダイレクトされている事実を確認しているようなのですが抗議さえしていませんが、遺憾の意を表明し1日も早く、これが解除され、正常となるように叫ばれています。

DigitalPoint ForumsやGoogle Blogoscoped Forumsといった海外のフォーラムでもこの中国SEO対策情報として、この話題が議論の対象とされています。今のところ、中国政府はこの現象に対して正式なコメントは発表しておりません。しかしながらこの減少はひろまりつつあるようで、勢いが衰えません。以前にも天安門について検閲が入ったケースがあるように、関連性が疑われています。通常は先進国であればこんなことは、アメリカではもちろんのこと、日本でも考えられないことです。やはり、文化的な発展途上である以上、国柄というか政治情勢の違いが出ています。